【韓国ドラマ】イニョン王妃の男ネタバレ・あらすじ 

朝鮮時代から現代へタイムスリップして現代の女性と恋に落ちる話。中国でもリメイクされた本作品は、ケーブルテレビで最高視聴率を獲得。このドラマをキッカケに主演の2人が交際したと言うのも有名な話。そんな「イニョン王妃の男」についてご紹介します。



《あらすじ》

時代は、朝鮮王朝中期で粛宗の時代。王の命を受けて南人の動きを監視していたキム・ブンド(チ・ヒョヌ)は、廃位された王妃(イニョン王妃)の暗殺計画を事前に阻止します。しかしそれがキッカケで、今度は彼も命を狙われる事に。もはやこれまでと思った瞬間、ブンドは現代へタイムスリップしてしまうのです。

一方現代の韓国では、無名の女優チェ・ヒジン(ユ・インナ)が、ドラマ「新張禧嬪」のオーディションを受け、見事イニョン王妃の役に抜擢されます。そんな時撮影現場でタイムスリップしてきたブンドと遭遇。何度もブンドと会うたびに彼の境遇を理解し始め、彼を助けていくうちに彼のことが気になり始めるヒジン。

一方ブンドも、幾度もヒジンに助けられ、いつしかヒジンと一緒に現代で…と考え始めます。時空を超えてやってきた2人の恋の行方は…。



《ネタバレ1》

ブンドが、タイムスリップする度に出会う2人。お互いを意識し始め、お互いの想いが伝わります。時空超えながらも、順調に愛を育もうとしていた矢先、ヒジンの運転する車が事故にあいます。目が覚めると、自分以外の人はブンドの事を覚えていません。それどころか自分は元恋人で粛宗役のドンミンと付き合っている事に。一方ブンドもヒジンの記憶を失っていました。しかし復位した王妃を見たブンドは、もう1人別の王妃の姿が目に浮かびます。そしてもう1人の王妃を探そうと思い立つのです。

現代では、ヒジンが約束した場所でブンドを待ちますが、彼は来ません。そして授賞式の会場で、ヒジンはブンドの姿を見かける事に。彼はヒジンの記憶が戻ったのでしょうか?2人は、また出会うことができるのでしょうか?



《ネタバレ2》

ブンドが現代にタイムスリップ出来るのは、ブンドの事を心配したユンウォルが用意したお札の力によるもの。そのお札の力を知った右議政のミン・アムの手下がお札を手に入れようと躍起になります。そんな中でもブンドとヒジンは、お札の力によって出会いを重ね、愛を育んでいきます。いつしかブンドは、ヒジンのそばで暮らしたいと思うようになります。

そんなブンドの気持ちを知ったユンウォルは、「お札を悪用すると災いをもたらす」と警告します。その警告通り、ブンドは命を狙われ、最終的に朝鮮時代では死を迎える事に。

瀕死の状態で現代にタイムスリップしたブンドは、ヒジンと現代で生きる事を決めますが、ある人の死によって、ブンドは朝鮮時代に戻され現代にタイムスリップ出来なくなります。今度はヒジンがブンドの記憶を無くしますが、果たして2人はこのままそれぞれの世界で生きる事になるのでしょうか?



《ネタバレ3》

このドラマは。胸キュンシーンが満載です。とにかくキスシーンが多い。図書館から始まり、済州島でのカフェラテキス、ネクタイキス、足乗せキス、そしてパスタキスなどキュンキュンすること間違いなし。そして記憶喪失や突然の別れなど切なすぎてキュンキュンすることもあり。ぜひドラマを見てどれくらいキュンキュンするのか、ご自分の目で確かめて見て下さい。





《登場人物紹介》

キム・ブンド (チ・ヒョヌ)

弘文館校理。頭が良くて実直な性格。現代の生活にも持ち前の賢さで順応していく。朝廷の権力争いで家族を失うと言う悲しい過去を持つ。西人派で、イニョン王妃を守る役目にある。



1984年11月29日生まれ。185cm。B型。2003年にデビュー。出演作は、「天下無敵イ・ヒョンガン」や「セレブの誕生」「千回のキス」など。ドラマ以外にも映画にも出演している。





チェ・ヒジン(ユ・インナ)

無名の女優。明るい性格だが、抜けたところもあり。「新張禧嬪」でイニョン王妃役に抜擢。撮影現場でブンドと会ったことから、何かとブンドを助ける事に。



1982年6月5日生まれ。165cm。B型。2006年映画「アラン」でデビュー。数々の映画やドラマに出演。最近は、「トッケビ 」で話題となる。 主な出演作は、「最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜」「最高だ!イ・スンシン」など。「シークレットガーデン」で、受賞歴あり。





ハン・ドンミン (キム・ジヌ)

イケメン韓流スター。軽い性格で、見栄っ張り。ヒジンの元恋人。「新張禧嬪」で粛宗役を演じる。ブンドにライバル心むき出しにする。



1983年7月17日生まれ。183cm。B型。ミュージカル俳優としてデビュー。ミュージカルやドラマに出演。主な作品は、「負けたくない」「一年に12人の男」「家族の誕生」など。





チョ・スギョン (カ・ドゥッキ)

ヒジンのマネージャーで、ヒジンと同居。売れないヒジンに健気に尽くしている。ブンドには、初めて会った時の質問を毎回同じように聞いている。



1984年4月22日生まれ。165cm。2008年デビュー。主な作品は、「負けたくない」「王女の男」「ホジュン〜伝説の心医〜」「帝王の娘スベクヒャン」など。



《感想》

一緒に働いている同僚から、キュン死するドラマがあると教えられたのがこのドラマで、最初見たとき同僚の言う通りキュン死寸前でした。胸キュンシーンが満載なのはもちろんですが、ブンドがヒジンに書いた手紙は、もう泣けて泣けて切なくて胸が苦しくなるほどでした。それ以外にも後半は泣けるシーンが多く、胸キュン&切なさで何度も見たくなるドラマです。

タイムスリップものですが、最後までうまくまとまっており、納得のいく終わり方でしたので、とても満足でした。ブンドの足に乗りながらのキスや、ネクタイキスなどユ・インナの可愛らしさが十分に出ていたシーンで何度も見たくなる場面です。ラブコメが好きな人は、きっとハマるドラマだと思います。



《まとめ》

胸キュン必死の「イニョン王妃の男」をご紹介しました。朝鮮に行ったり現代に行ったりしますが、こんがらがる事なく見られますし、全体的にすごくまとまっていると思います。ハン・ドンミンは子供過ぎてイラッとする事もありますが、そのイライラは主役の2人がしっかりかき消してくれます。胸キュンしたい人はぜひこのドラマでキュンキュンしてみてください。

【韓国ドラマ】屋根部屋のプリンスのネタバレ・あらすじ 

JYJのユチョンとハン・ジミンによる“時空を超えた”ラブロマンス。SBSのベストカップル賞を受賞し、息がぴったりな2人が送るラブストーリーで、後半に連れて切なさが増していきます。何度見てもまた見たくなる面白さ、「屋根部屋のプリンス」をご紹介します。



《あらすじ》

朝鮮王朝の世子イ・ガク(パク・ユチョン)の世子嬪・ファヨン(チョン・ユミ)が宮中で池の中で死体となって発見されます。世子嬪を殺した犯人を捕まえようと臣下3人と捜査を開始します。ある刺客に追われる世子一行は、崖を飛び降りると着いた先は、2012年のソウルで、ある女性の屋根部屋だったのです。

一方300年後の2012年のソウルでは、大手通販会社の部長ヨン・テム(イ・テソン)は、従弟ヨン・テヨン(パク・ユチョン)を連れ戻すため渡米するも、言い争いになりテヨンが海に転落し、行方不明となってしまいます。

世子たちが落ちた屋根部屋で暮らしているパク・ハ(ハン・ジミン)は、父が亡くなったためアメリカから戻ってきていました。混乱の中ガクは、自分にそっくりなテヨンやファヨンに瓜2つのセナ(チョン・ユミ)の存在を知り、現代で謎を解くべきだと決意。パク・ハと同居しながら現代で生活することに。奇妙な男4人と同居するにつれ、パク・ハは次第にガクに惹かれていくことに…。数百年の時を超えて出会った2人の恋の行方は…?





《ネタバレ1 》

このドラマは、輪廻がテーマとなっています。世子イ・ガクは大手通販会社の後継者ヨン・テヨン。世子嬪のファヨンは、パク・ハの義理姉ホン・セナ。そしてパク・ハは…。

このことに気づいたイ・ガクは、テヨンとなって現代のセナと結婚しようとします。そうすることで世子嬪を殺した犯人が分かると考えたのです。果たして世子嬪の死の真相はあかされるのでしょうか?



《ネタバレ2 》

イ・ガクは、世子嬪の死の真相を調べようと世子嬪の生まれ代わりのセナとテヨンとして婚約します。一方で一緒に暮らしているパク・ハのことも気になります。パク・ハもガクのことが気になり始め…。想いが募り、パク・ハはついにメールで告白してしまいます。

それに対してガクは、一旦はパク・ハの気持ちを拒みます。それでもパク・ハが気になって仕方ないガク。セナとパク・ハ。ガクは、いったいどんな選択をするのでしょうか?



《ネタバレ3 》

現代で様々な問題を解決していく中、徐々に真相に近づいているのか、臣下3人が1人ずつ現代から消えていくことに。そんな中パク・ハは、ガクとの関係にある決断をします。

最初は拒むガクもパク・ハの決断に賛成。残された時間はあとわずか。2人が最後に何をしたのでしょうか?



《登場人物紹介》





イ・ガク(パク・ユチョン)

朝鮮王朝の世子(セジャ)。王位継承者としての威厳を保ちつつも、何事にもとらわれない柔軟な考えを持つ。現代でも世子の時にように、後ろで手を組みながら歩く姿が特徴。



ヨン・テヨン(パク・ユチョン)

大手通販会社の後継者。家を継ぐ意思がないためアメリカへ。そこで絵の勉強をしている。ニューヨークでパク・ハに一目ぼれ。従兄のテムと言い争いになり海へ転落。行方不明となる。



1986年6月4日生まれ。アイドルグループ「東方神起」として2004年にデビューするも、2010年からは「JYJ」として活躍している。2010年に「トキメキ☆成均館スキャンダル」でドラマデビュー。主な作品は、「ミス・リプリー」「会いたい」など。



パク・ハ(ハン・ジミン

9歳のころに記憶喪失となり、養子としてアメリカで育つ。父の消息を追って韓国へ帰国した際に、継母と義理の姉セナと再会。アメリアでは、テヨンとの接点があり。明るい性格で、情に厚い姉御肌。



プヨン(ハン・ジミン

世子嬪の妹。最初世子嬪の候補だったが、ファヨンにやけどを負わされ顔に傷が残ることに。そのため妃にはなれず。知的で奥ゆかしい性格。ガクとは、謎なぞをしたりして、交友を深めるが、実は密かにガクを思っている。刺繍が得意。



1982年11月5日生まれ。1998年にCMで芸能界デビューする。2003年「宮廷女官チャングムの誓い」で注目を集め、それから数々のドラマに出演。韓国を代表する女優の一人」。

主な作品は、「イ・サン」「カインとアベル」「パダムパダム〜彼と彼女の心拍音〜」







ヨン・テム(イ・テソン)

大手通販会社の本部長。故・ヨン会長の婚外子の息子。有能だが熱くなりやすい、妬みっぽい性格。セナと交際中。従弟のテヨンに劣等感をもっている。



1985年4月21日生まれ。2003年「走れお母さん」で役者デビュー。2010年「イタズラなkiss〜Playfulkiss」でMBCドラマ大賞新人賞を受賞。多彩な役どころを演じ分ける実力派として人気急上昇中の人気若手俳優の1人。





ホン・セナ(チョン・ユミ)

大手通販会社の会長秘書。人前では、つつましく気品があるが、実は出世欲が強く、成功のためなら手段を選らない。恋人テムにも嘘をついている。パク・ハは義理の妹。



ファヨン(チョン・ユミ)

世子嬪。池の中で死体として発見される。



1984年2月23日生まれ。2004年「愛情の条件」で女優デビュー。韓国を代表する女優の1人。主な作品「チング〜愛と友情の絆〜」「トンイ」「きみはペット」など。



ソン・マンボ(イ・ミノ)

頭脳明晰。人並み外れた記憶の持ち主。暦術、医術、天文、地理などの雑学にも精通。



1993年6月28日生まれ。人気子役として注目を浴びる。「階伯(ケベク)」「太陽を抱く月」などに出演。



ウ・ヨンスル(チョン・ソグォン)

ガクに剣の腕を見込まれ、護衛武官に特別採用される。



1985年5月16日生まれ。スタントマンとして活動後俳優に転職。「華麗なる遺産」「オジャッキョの兄弟たち」などに出演。



ト・チサン(チェ・ウシク)

元内官。宮殿や官吏宅の内情まで知り尽くした情報屋。



1990年3月26日生まれ。2011年「チャベク‐相棒‐」でデビュー。「根の深い木‐世宗大王の誓い‐」「ホグの愛」などに出演。



《感想》

「トキメキ☆成均館スキャンダル」でユチョンファンになり、ユチョン見たさで見始めたドラマ。パク・ハの悲しい生い立ちから世子との出会い、そして別れ。もう完全パク・ハに感情移入して見てしまいました。ホン・セナがムカつくくらい悪役だったので余計だったかもしれません。もちろん胸キュン要素も満載です。一番好きなシーンは、パク・ハがガクに告白してしまうシーンです。それ以外にも好きなシーンがいっぱいあります。そして後半は泣けてしまいました。最終回もタイムスリップものにしては、輪廻をうまく使いまとまっていたと思います。今でも時々見たくなって見てしまうほど、何度見ても面白いと思います。



《まとめ》

どうでしたか?私の書いた記事でこのドラマの面白さは伝わったでしょうか?ユチョンのカッコよさそしてハン・ジミンの一途さ。そして臣下たちのクスッと笑わせてくれるなど、このドラマを見たらハマること間違いなしです。

【韓国ドラマ】恋のスケッチ〜応答せよ1988〜ネタバレあらすじ見どころ

人気若手俳優が勢ぞろい、そして笑いと涙の韓国でも話題になった韓国ドラマ

応答せよシリーズ第3弾!!

Dlifeで放送中、DTVでも配信中!!!!!

予告はyoutubeに掲載されています。



出演者 ドクソン・・・(GIRL’SDAYのヘリ)

チェ・テク・・(雲が描いた月明かりのパクボゴム)

ジョンファン・(運勢ロマンスのリュジュンヨル)

ソヌ・・・・・(嫉妬の化身の・コギョンピョ)

ドンリョン・・(朝鮮ガンマンのイ・ドンフィ)他



ドクソンの未来の旦那は幼馴染のなかの誰???

1988ソウル市 道蜂区 双門洞に住む5組の家族

このドラマのお話の中の主人公の幼馴染5人組がいる、

このドラマの主人公ドクソン・・・この幼馴染のなかで唯一の女子だ

ソヌ・・・・・このなかで一番まともな優等生だ

ジョンファン・無愛想な奴だ通称犬

ドンリョン・・お調子者だが情報通

テク・・・・・天才囲碁棋士だがこの幼馴染の中では使い走り

この中に未来のドクソンの旦那がいる??

このシリーズの特徴である主人公の女の子の未来の旦那探しが始まる



5組の家族、

ドクソン家は5人家族だ、父銀行員のドンイル、母、イルファ、韓国1位の大学に通いながらも、気性の荒いつ姉のボラは家族1の権力者、そして老け顔の弟ノウルの間に生まれたドクソン、真ん中っ子という存在で窮屈な思いをしている。

この家に借金があり、貧しい生活で苦しい生活をしているが、、家族愛に溢れている家族だ。





ソヌの家は、父を小さいころにをなくしてから、母、ソンミョンが一人でソヌとまだ小さい妹チンジュを

育てている。3人家族だ。



ジョンファンの家は、5浪中の兄、ジョンボン二人兄弟で、家はあることがきっかけで裕福になったが、

父、ソンギュンは調子者、そしてケチらしい。ジョンファンは家でも無愛想だ。そして、母ミランの4人家族だ。



ドンリョンの家は高校の先生を父にもち、母は保険の王と呼ばれているらしい。この時代には珍しい、共働きだ。。兄もいる。



テクの家は母を小さい頃になくし、静かな父と二人暮らしだ、よくテクの家で遊ぶときは賑やかな家だが、みんなが家に返ると静かな家だ。





1話からのあらすじ

韓国がオリンピックで沸いている頃、

友達からソヌがドクソンのことを好きなのではないかといわれ

気になり、初めてソヌに恋心を抱く、ある時ソヌかが好きな子に2年間告白

できずにいるということを告白、ドクソンは自分だと勘違いをして、初雪が降るその日に告白してとソヌに伝える。

初雪の日、

ソヌが好きな人なんとはドクソンでなく、ドクソンの姉ボラだったと知り

ショックを受けて失恋してしまい、泣いているドクソンが気になるジョンファンだが、

さらにいつも大人しいテクまでもが

ドクソンの事を友達ではなく女性として好きと言う

ドクソンの未来の旦那は誰なのか???



みどころ



Girl’sdayのヘリ、このシリーズで大人気になったパク・ボゴム、リュ・ジュンヨルなどが若手人気俳優が出演でも話題になり

平均視聴率19.6%記録し、社会現象にもなった!!

このドラマを観ると大人も夢中になり懐かしむこと間違いなし!!

恋愛模様も面白いが1組1組の家族がそれぞれ面白く、家族の愛が描かれていて

感動があれば笑いもある、涙涙涙、感動感動感動の最高のドラマ!!

世間ではドクソンの未来の旦那は誰だ?誰だ?と世間を騒がせた





このドラマを楽しく観る方法は・・・

このドラマの見どころでもある未来の旦那探しを予想しながらみると楽しさ倍増です!!

前作の応答せよ1994を見た後にみるともっと楽しめます。



まとめ



このドラマを観るとやっぱり癒されますね、自分も周りにもこんな人達がいると楽しいだろと思ったりと主人公の気持ちになるとさらに楽しいく、1話1話が感動と笑いに包ま

れていて、びっくりするようなどんでん返しがあるようなドラマなのでぜひみなさんにも見て欲しいのでオススメな作品です!さらに前作の応答せよシリーズも観でない人でも楽しむことができ、前作を見た方はもっとさらに楽しめる作品です。

そして登場人物でジョンファンの母ミランさんは本当に面白いですね🤣

父ソンギュンさんとの絡みが本当面白くて、

そして、ソヌの妹チンジュがものすごくかわいいです。

ドクソンの未来の旦那を探すのに最後までわからないんです。

ヒントが所々あるのですが、わからないんので最後までハラハラしましたね。

韓国の話なのですが、この時代に行って見たいと思いましたね。

1980年代は私は生まれてなかったのですが、なんか懐かしいと感じました





OSTも話題になりましたね

私も実際に聞いたのですが、やっぱりいい曲だな〜と思いました。

オ・ヒョクさんの少女はとってもよかったですが元はイ・ムンセさんが歌っていました。

そして一番好きなのはパク・ボラムさんのヘファドンという曲です。

このドラマにあっていましたね。

他にもイ・ジョクさんのdon’t worry

キム・ピルさんの青春 がありますので是非聞いてくださいね。