【韓国ドラマ】屋根部屋のプリンスのネタバレ・あらすじ 

JYJのユチョンとハン・ジミンによる“時空を超えた”ラブロマンス。SBSのベストカップル賞を受賞し、息がぴったりな2人が送るラブストーリーで、後半に連れて切なさが増していきます。何度見てもまた見たくなる面白さ、「屋根部屋のプリンス」をご紹介します。



《あらすじ》

朝鮮王朝の世子イ・ガク(パク・ユチョン)の世子嬪・ファヨン(チョン・ユミ)が宮中で池の中で死体となって発見されます。世子嬪を殺した犯人を捕まえようと臣下3人と捜査を開始します。ある刺客に追われる世子一行は、崖を飛び降りると着いた先は、2012年のソウルで、ある女性の屋根部屋だったのです。

一方300年後の2012年のソウルでは、大手通販会社の部長ヨン・テム(イ・テソン)は、従弟ヨン・テヨン(パク・ユチョン)を連れ戻すため渡米するも、言い争いになりテヨンが海に転落し、行方不明となってしまいます。

世子たちが落ちた屋根部屋で暮らしているパク・ハ(ハン・ジミン)は、父が亡くなったためアメリカから戻ってきていました。混乱の中ガクは、自分にそっくりなテヨンやファヨンに瓜2つのセナ(チョン・ユミ)の存在を知り、現代で謎を解くべきだと決意。パク・ハと同居しながら現代で生活することに。奇妙な男4人と同居するにつれ、パク・ハは次第にガクに惹かれていくことに…。数百年の時を超えて出会った2人の恋の行方は…?





《ネタバレ1 》

このドラマは、輪廻がテーマとなっています。世子イ・ガクは大手通販会社の後継者ヨン・テヨン。世子嬪のファヨンは、パク・ハの義理姉ホン・セナ。そしてパク・ハは…。

このことに気づいたイ・ガクは、テヨンとなって現代のセナと結婚しようとします。そうすることで世子嬪を殺した犯人が分かると考えたのです。果たして世子嬪の死の真相はあかされるのでしょうか?



《ネタバレ2 》

イ・ガクは、世子嬪の死の真相を調べようと世子嬪の生まれ代わりのセナとテヨンとして婚約します。一方で一緒に暮らしているパク・ハのことも気になります。パク・ハもガクのことが気になり始め…。想いが募り、パク・ハはついにメールで告白してしまいます。

それに対してガクは、一旦はパク・ハの気持ちを拒みます。それでもパク・ハが気になって仕方ないガク。セナとパク・ハ。ガクは、いったいどんな選択をするのでしょうか?



《ネタバレ3 》

現代で様々な問題を解決していく中、徐々に真相に近づいているのか、臣下3人が1人ずつ現代から消えていくことに。そんな中パク・ハは、ガクとの関係にある決断をします。

最初は拒むガクもパク・ハの決断に賛成。残された時間はあとわずか。2人が最後に何をしたのでしょうか?



《登場人物紹介》





イ・ガク(パク・ユチョン)

朝鮮王朝の世子(セジャ)。王位継承者としての威厳を保ちつつも、何事にもとらわれない柔軟な考えを持つ。現代でも世子の時にように、後ろで手を組みながら歩く姿が特徴。



ヨン・テヨン(パク・ユチョン)

大手通販会社の後継者。家を継ぐ意思がないためアメリカへ。そこで絵の勉強をしている。ニューヨークでパク・ハに一目ぼれ。従兄のテムと言い争いになり海へ転落。行方不明となる。



1986年6月4日生まれ。アイドルグループ「東方神起」として2004年にデビューするも、2010年からは「JYJ」として活躍している。2010年に「トキメキ☆成均館スキャンダル」でドラマデビュー。主な作品は、「ミス・リプリー」「会いたい」など。



パク・ハ(ハン・ジミン

9歳のころに記憶喪失となり、養子としてアメリカで育つ。父の消息を追って韓国へ帰国した際に、継母と義理の姉セナと再会。アメリアでは、テヨンとの接点があり。明るい性格で、情に厚い姉御肌。



プヨン(ハン・ジミン

世子嬪の妹。最初世子嬪の候補だったが、ファヨンにやけどを負わされ顔に傷が残ることに。そのため妃にはなれず。知的で奥ゆかしい性格。ガクとは、謎なぞをしたりして、交友を深めるが、実は密かにガクを思っている。刺繍が得意。



1982年11月5日生まれ。1998年にCMで芸能界デビューする。2003年「宮廷女官チャングムの誓い」で注目を集め、それから数々のドラマに出演。韓国を代表する女優の一人」。

主な作品は、「イ・サン」「カインとアベル」「パダムパダム〜彼と彼女の心拍音〜」







ヨン・テム(イ・テソン)

大手通販会社の本部長。故・ヨン会長の婚外子の息子。有能だが熱くなりやすい、妬みっぽい性格。セナと交際中。従弟のテヨンに劣等感をもっている。



1985年4月21日生まれ。2003年「走れお母さん」で役者デビュー。2010年「イタズラなkiss〜Playfulkiss」でMBCドラマ大賞新人賞を受賞。多彩な役どころを演じ分ける実力派として人気急上昇中の人気若手俳優の1人。





ホン・セナ(チョン・ユミ)

大手通販会社の会長秘書。人前では、つつましく気品があるが、実は出世欲が強く、成功のためなら手段を選らない。恋人テムにも嘘をついている。パク・ハは義理の妹。



ファヨン(チョン・ユミ)

世子嬪。池の中で死体として発見される。



1984年2月23日生まれ。2004年「愛情の条件」で女優デビュー。韓国を代表する女優の1人。主な作品「チング〜愛と友情の絆〜」「トンイ」「きみはペット」など。



ソン・マンボ(イ・ミノ)

頭脳明晰。人並み外れた記憶の持ち主。暦術、医術、天文、地理などの雑学にも精通。



1993年6月28日生まれ。人気子役として注目を浴びる。「階伯(ケベク)」「太陽を抱く月」などに出演。



ウ・ヨンスル(チョン・ソグォン)

ガクに剣の腕を見込まれ、護衛武官に特別採用される。



1985年5月16日生まれ。スタントマンとして活動後俳優に転職。「華麗なる遺産」「オジャッキョの兄弟たち」などに出演。



ト・チサン(チェ・ウシク)

元内官。宮殿や官吏宅の内情まで知り尽くした情報屋。



1990年3月26日生まれ。2011年「チャベク‐相棒‐」でデビュー。「根の深い木‐世宗大王の誓い‐」「ホグの愛」などに出演。



《感想》

「トキメキ☆成均館スキャンダル」でユチョンファンになり、ユチョン見たさで見始めたドラマ。パク・ハの悲しい生い立ちから世子との出会い、そして別れ。もう完全パク・ハに感情移入して見てしまいました。ホン・セナがムカつくくらい悪役だったので余計だったかもしれません。もちろん胸キュン要素も満載です。一番好きなシーンは、パク・ハがガクに告白してしまうシーンです。それ以外にも好きなシーンがいっぱいあります。そして後半は泣けてしまいました。最終回もタイムスリップものにしては、輪廻をうまく使いまとまっていたと思います。今でも時々見たくなって見てしまうほど、何度見ても面白いと思います。



《まとめ》

どうでしたか?私の書いた記事でこのドラマの面白さは伝わったでしょうか?ユチョンのカッコよさそしてハン・ジミンの一途さ。そして臣下たちのクスッと笑わせてくれるなど、このドラマを見たらハマること間違いなしです。